2005・5月9日足利フラワーパーク

時期が過ぎてしまったものもあったがおおむね見所の藤は満開で特に白藤の回廊は圧巻でした。
又八重黒龍はとてもよい香りでした。そのほかのお花も沢山見られ毎年行って見たいみたいスポットです。
公式サイトはこちらです

樹齢130年余り900平方メートル余りの藤の大棚
畳500枚分にも及ぶという、そして、この藤の大木は、世界で初の女性の樹木医
足利フラワーパークの園長でもある塚本こなみさんが精魂傾け、樹木のいのちに耳を澄まして
幾多の困難を乗り越えて都市再開発で邪魔になった場所からここに移植して
今日にそのいのちを生き返らせた藤の大樹です。

300畳の広さを誇る大藤(天然記念物:足利市重要文化財指定)
80メートルの白藤の回廊(丁度見ごろでした)
八重黒龍
八重黒龍のアップ
黄色藤


フラワーパークにあったそのほかのお花

マロニエ オオデマリ
ポピー
シャクナゲ
ヒナゲシ ケマンソウ(鯛釣り草)
芥子科のコリダリスチャイナブルー ネモフィラ
リムナンテス クレマチス
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送